夢を叶えるカメラレッスン

はじめてのウェディングカメラマン選びでお悩みの方へ

wedding

プロカメラマンに撮影を依頼するのが結婚式がはじめてという方も多いのでは?
七五三や成人式などでプロカメラマンに撮影をしてもらったことはあっても親御さんがご依頼をしていて自分でプロカメラマンを選ぶというのは初めての経験という方は多いです。

「どんなカメラマンがいいカメラマンなの?」「適正な料金はいくらなの?」「カット数って?」「オプションで価格がかわるの?」「アルバムはどんなものがいいの?」とお悩みなのではないでしょうか?

結婚式のカメラマンといっても色んなカメラマンさんがいます。
プロカメラマンの目線でカメラマンを選ぶコツを紹介します。

1.結婚式会場と契約している式場カメラマン

パーティーカメラマン

結婚式会場と契約している式場カメラマンとは結婚式場が契約しているフォトスタジオのカメラマンか式場の社員カメラマンか式場と直接契約しているフリーカメラマンになります。どのカメラマンもブライダル撮影を得意としているカメラマンです。

式場カメラマンのいいところ

ブライダルフォトグラファー(ウェディングフォトグラファー)というジャンルがあるくらいで式場カメラマンは結婚式撮影の経験が豊富です。
式場と提携しているフォトスタジオやフリーのカメラマンは会場のベストスポットや演出タイミングなど熟知していてサンプルで見せてもらえるアルバムような写真を撮ってくれます。

カット数で料金が提示されている場合が多いので100カットと書いてあると「100枚しか撮ってくれないのかー」と思われるかもしれませんが実際にはその何倍もの枚数をカメラマンは撮影して厳選してお約束の納品枚数は必ず納めるというのがカット数になるので枚数も安心です。

また持ち込みのカメラマンやゲストが立ち入りを制限される場所やひな壇や脚立の持ち込みなど式場カメラマンだけには許される特権もあります。
名古屋市内の会場でもチャペルは式場カメラマン以外はNGのところもあります。

だから結婚式のカメラマン選びに悩んだからまずは式場のカメラマンを検討するのをおススメします!

素直に式場カメラマンに依頼できない理由

パーティーカメラマン

いいとこばかりの式場のカメラマンですが素直に式場カメラマンに依頼できない理由は少し割高だなぁと感じるからではないですか?

式場カメラマンは結婚式場と契約しているので撮影費もアルバム制作費も式場やフォトスタジオへのマージンが発生するからです。
新郎新婦様がお支払いになる撮影費から結婚式場がマージンとして30%~50%、フォトスタジオ所属のカメラマンの場合はそこからさらに30%~50%がフォトスタジオのマージンとして差し引かれます。
アルバムなども同様です。

そういう流通になっているので新郎新婦様へ提示される料金は少し割高になっちゃうのです。

持ち込みカメラマンでも式場は損をしない?
結婚式場は1回の撮影費からマージンを取るわけでなく年間契約で委託金や広告費などといった形で契約フォトスタジオからマージンをもらっている場合が多いです。

契約の中にはカメラマンは式場カメラマンを使っていただくという契約もある場合があるのでその場合式場がフォトスタジオに年間契約料金からペナルティ分を差し引かなくてはいけなくなるので持ち込みはあまりいい顔をされないのです。
とはいってもペナルティ分やそれ以上は持ち込み料(3万から5万くらい)を新郎新婦様からいただきチャラになる場合もあります。
だから式場の負担はないので新郎新婦優先にしてくれるところはちゃんと相談をすれば新郎新婦様の考えを受け入れてくれます。
式場のカメラマン以外はNGというところは取引業者との関係を大切にしているので少々高いかもしれませんがクオリティには自信があるところだと思います。

料金は挙式・披露宴のスナップ撮影に加えアルバム代、お二人やご親族の型もの写真などの料金が撮影費に追加になると15万円~50万円くらいになるのではないでしょうか?

式場カメラマン
コスパ
(3.5)
安心度
(5.0)
写真のクオリティ
(5.0)
総合評価
(4.5)

2.フリーカメラマン

パーティーカメラマン

僕のようなフリーのカメラマンに撮影を依頼する新郎新婦様も増えてきています。
フリーのカメラマンの場合は自分のウェブサイトやブログ、facebookなどを公開している人も多いのでカメラマンの顔や作風がわかります。
結婚式を自分たちでセルフプロデュースしたいという方にも人気です。

フリーのカメラマンでウェディングメインでやっているカメラマンは式場カメラマンを経てフリーでやっている人も多いので凄腕で経験も豊富な方が多いです。
ただカメラマンには得意、不得意なジャンルがあるのであるジャンルでの撮影経験は豊富でもウェディング撮影の経験がないカメラマンもいるのでそのカメラマンはどんな撮影が得意か調べて依頼するのがいいと思います。
フリーカメラマンに依頼すると式場カメラマンより費用は抑えられる場合が多いです。
ただし式場によっては持ち込み料金(3万から5万くらい)が発生したり持ち込みカメラマンの場合はチャペルでの移動しての撮影は禁止など制限もあるのであらかじめ式場のご担当者さんと確認をしてみてください。

2次会撮影はフリーのカメラマンがおススメ!

結婚式と違い2次会や1.5次会は会場からの制限が少ないのでフリーカメラマンがおススメです。
また結婚記念日やお子様が出来たときなど今後色んなシーンで直接撮影依頼できる関係も作れます。
料金は撮影拘束時間や経験、撮影後の写真編集などによって違いますが挙式・披露宴のスナップ撮影が5万円~10万円くらいアルバム制作が2万~10万円、2次会撮影は2万~5万円くらいといった感じでしょうか。

フリーカメラマン
コスパ
(5.0)
オリジナリティ
(5.0)
色んな融通
(4.5)
総合評価
(4.5)

3.友人カメラマン

パーティーカメラマン

カメラ好きの友人やご親戚の方に撮影をお願いする新郎新婦様もいます。
趣味のカメラマンといってもすごい機材を持っている方も多いのでそんな方が身内にいたらラッキーですね。

カメラ好きの友人やご親戚の方に撮影をお願いする新郎新婦様も増えています。
趣味のカメラマンといってもすごい機材を持っている方やとっても写真が上手な方も多いのでそんな方が身内にいたらラッキーです。

ただしいくら写真が上手と言っても職業としてやっていないと当日の動きや声掛けのタイミングなどはプロと比べると経験が少ないので当日戸惑われてしまう場合もあります。
お食事もゆっくりしていただけないのでお互い気を使ってしまうこともあります。

料金はお礼としてお渡しすのが多いので1~3万円くらいではないでしょうか。

友人カメラマン
費用の安さ
(5.0)
クオリティ
(3.5)
色んな融通
(2.5)
総合評価
(3.5)

4.映像会社やウェディングプランナー、ドレス屋さんが選んだカメラマン

パーティーカメラマン

プロフィールムービーやエンドムービーの映像会社のカメラマンセットのプランでカメラマンを依頼する方もいます。

最近は事前にプロフィールムービーを撮影したりして映像を持ち込む結婚式も多いです。
その場合映像会社の提携カメラマンとセットのプランもあるので映像会社経由でカメラマンを頼まれる方も多いです。
その逆でカメラマンにムービーカメラマンの手配をご依頼される方も多いです。

またウェディングプランナーさんに会場選びななどお手伝いしてもらう場合カメラマンやヘアメイク、衣装なども手配してくれる場合もあります。
フリーのカメラマンと映像会社やプランナーさんが提携していて自分で探すより割安になる場合もあります。
料金はあんまり高額なマージンを取っていないプランナーさんや映像会社が多くカメラマンも打ち合わせや営業経費が抑えられるから卸価格でやったりするのでフリーのカメラマン直接頼むのとあまり変わらずに挙式・披露宴のスナップ撮影が5万円~15万円くらいアルバムが2万~10万円、2次会撮影は2万~7万円くらいといった感じでしょうか。

業者さん手配のカメラマン
コスパ
(5.0)
他のサービスチームとの連携
(5.0)
色んな融通
(4.5)
総合評価
(4.5)

パーティーカメラマン

結婚式の撮影といっても色んなルートでカメラマンを手配する方法がありますよね。
はじめてのカメラマンを選びでの撮影料金はどうしてこの値段なんだろうというモヤモヤは少しは解消しましたか?
他にも何かわからないことなどがあればお気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です