コロナウイルスで注目されているイベントの興行中止保険について

2 min 74 views
企業のパーティー

私は、イベントやパーティーの撮影しているカメラマンなのですが3月のイベント撮影はほぼ全部が中止か延期また中止を検討中になっています。

パーティーカメラマンをメインに活動し始めたのは、2011年の東日本大震災の時。
当時やっていたNPOの活動と広告系のお仕事がほとんどキャンセルになり世の中が暗い雰囲気になっていたので「楽しいことを伝えたい!」と思い個人や規模の小さなイベントやパーティーの撮影に仕事を変えて今に至っています。
今回も何か変化やチャンスがあると前向きに考えているけどどうなるのかな。

私でさえ「イベント中止の連絡」や「中止になるかも連絡」、「日程変更」、「予定通りやります連絡」などの対応で毎日ハラハラドキドキなのに主催者さんや主演者さんはもっとハラドキドキしていると思います。

大きなイベントは、興行中止保険に入っているら保険で会場費、舞台制作費、衣装代、スタッフ人件費、ツアー交通費、広告宣伝費等を保障してくれるからいいよねーと思っていたら今回のコロナウイルスでのイベント中止は今のところ興行中止保険の対象になっていない場合が多いんですって!

興行中止保険は、商品によって違うけど支払限度額1,000万円くらいで100万円くらい、支払限度額1億円くらいで300万円くらいが多いと思います。
以前撮影させていただいたイベントでは
「台風で中止になった場合保険に入っているからイベントが中止になっても撮影費全額支給できるので安心してください」
「保険に入っているから機材などがイベントによって壊れた場合はご相談くださいね」
などと撮影依頼時に興行中止保険やイベント保険のことを聞いていたので今回も大きなイベントの主催者さんから中止の連絡をいただいた時には「ここは保険入っているだろうから中止にはなってしまったけど安心だなぁ。よかった」と思っていたのですが「感染症による中止」は「原則、補償の対象外」というニュースを知った時はなんだかショックでした。

興行中止保険は、ほとんど個別にオーダーメイドで保険内容を決めているので全部の興行中止保険が対象外ではないと思うのですが、今回のような感染症の発生といった被害の規模がどこまで及ぶか予測が難しい場合は、補償対象から外されていることが多いのだそうです。

きっと「感染症による中止」を補償する保険サービスがこれからは出てくるんでしょうね。

■海外活動したいアーティスト向けの補助金前払いサービスなどでアーティスト支援活動をしているPayNOAHさんが「新型コロナによるイベント中止費用を全額無償で前払い」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200227-00010001-kaiyou-ent
https://kai-you.net/article/72355
https://finders.me/articles.php?id=1703

イベント撮影の受注を受けるカメラマンが知っておきたい、主催者が入っている主なイベントの保険

  • イベントが中止になったときの補償(興行中止保険)
  • イベント施設が原因で人に損害をあたえたときの補償(施設賠償責任保険)
  • イベント参加者・観客がケガをしたときの補償(傷害保険)
  • イベント用機材・展示品などに対する補償(動産総合保険)

イベント主催者が検討しておきたい保険商品
JA共済 イベント共済
グッド保険 イベント保険(レクリエーション・行事の保険)
グッド保険サービス 興行中止保険(イベント中止保険)
三井住友海上 レジャー・サービス施設費用保険
三井住友海上 興行中止保険
損保ジャパン日本興和 レクリエーション保険(参加者数20名以上の行事)
公益財団法人スポーツ安全協会 スポーツ安全保険

パーティーカメラマン坂野

パーティーカメラマン坂野

パーティーカメラマン坂野は、名古屋中心に活動をしているカメラマン。
名古屋のパーティーやイベントの撮影依頼が多くパーティーカメラマンと呼ばれています。

関連記事