ウェディング2次会撮影プラン

初めてのオフカメラフラッシュで揃えたい機材

EC200

「SNS経由でプロフィール撮影の依頼や子供や家族写真の撮影をさせてもらっています。
今まで自然光で撮影していたのですがそろそろ照明機材も使いたいと思います。
何をそろえればいいですか?」

プライベートカメラレッスンの受講生さんからこのようなご質問をいただきました。
ジェネレータータイプのストロボやモノブロックストロボもいいのですがこちらの受講者さんは女性でご自宅に伺ったり公園などで撮影をしていることが多いので
・持ち運びに便利
・軽量
・バッテリー駆動
・お値打ち
ということでオフカメラフラッシュで使えるGODOXのフラッシュをご紹介しました。

オフカメラフラッシュはカメラからフラッシュを離して撮影する方法です。
カメラにくっつけるクリップオンフラッシュを無線でつないで撮影をします。

最低必要なものは下記になります。
・送信機
・受信機(GODOXの場合はフラッシュに内蔵されています)
・フラッシュ(出来れば2個)
・スタンド(フラッシュの数分)
・フラッシュホルダー(スタンドにフラッシュをつける部品)

あったほうがいいもの
・アンブレラなどディフューザー
・背景(スタンド、背景紙)

さらにあったほうがいいもの
・グレーカード
・露出計

ではオフカメラフラッシュで必要なGODOXの照明機材を順番に紹介します。
※受講者様のカメラはニコンなのでニコン用を紹介します。

・送信機
こちらはGODOX Xpro-NかGodox X2T-Nがおススメです。
どっちか1個でいいです。
X2T-Nは新製品で僕のところにまだ届いてなくて使ったことはありません。今買うと7月下旬か8月に到着します。

・フラッシュ(出来れば2個。GODOXの場合はフラッシュに受信機が内蔵されているので受信機は不要です)
ご予算に応じて好きなものを選んでいただければいいです。
室内での明るい感じのプロフィール撮影でしたらどれでも大丈夫だと思います。

V860IIN
2万円 カメラにもつけれます。バッテリーも長持ちするので予備のバッテリーなくても数時間の撮影なら大丈夫です。

V1
3万円 
V860IINとあんまり変わらないかな。丸くなっていて磁石がついているのでGODOXのディフューザーアクセサリー(AK-R1)がつけれます。
>>【参考】GODOX AD200の様々なディフューザーを使った光の質を検証してみました

★AD200
3万5000円 
上の2つより光量があります。 野外でも使いたいならこちらがおすすめ。V860IINとAD200でもいいと思います。
激しく野外で使いたい場合はもっと光量が大きいのが欲しくなると思います。
カメラにはつけれません。

AD200 Pro
4万円。
AD200の上位モデル。持っていないのでAD200との差はわかりません。

・スタンド(フラッシュの数分)

のせるフラッシュが大きなものでないのでまずは安いスタンドで十分だと思います。

持ち運びの時に軽いのがよかったらちょっと高いですがニッシンのカーボン三脚がいいです。

Amazonプライムセールで毎回安くなるこのコンパクトスタンドもNISSINと重さあんまりかわらないし伸ばしたり縮めるのもレバーで操作しやすいです。

・フラッシュホルダー(アンブレラホルダー)も安いものでいいと思います。

ちょっといいものですとこちらです

次はあったほうがいいものです。

アンブレラかソフトボックスはあったほうがいいです。
アンブレラホルダーに簡単につけれるアンブレラが持ち運びも設定も簡単だからまずはおススメです。

100cm~110㎝(40~43インチ)くらいが大きすぎず小さすぎず使いやすいです。
安いもので大丈夫ですが安いのはすぐに壊れるので消耗品だと思っていてください。
カバーを外すとトランスルーセントアンブレラになるものが便利です。

アンブレラ用ディフューザーをつけるとさらに柔らかい光になります。

「背景白で全身撮影してほしい」など言われることも増えてくるので背景も必要になったら用意するといいです。
しょっちゅう使うものでなければ安いものでもいいと思います。

背景紙はスーペリアというブランドのものを使うことが多いです。
白だとスーパーホワイトという色になります。

横幅は必要な幅を選びますが横幅が広いほうがいいのです。ただ慣れない女性一人だと持ち運びや設置も結構大変だと思います。

さらにあったほうがいいもの

・グレーカード ホワイトバランスの設定に使います。
カメラの機能もあがり少し気になったらライトルームでホワイトバランス一括調整できるのでなくても撮影出来ます。

・露出計
カメラで撮って確認出来るのでなくても撮影は出来ます。
あると試し撮りを何度もしなくてもライティングの調整が出来るので便利です。

アマゾンのプライムセールやタイムセールで安くなるものも多いのでその時に買うとお値打ちに機材が揃えれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です