Godox AD200とアクセサリーの買ってよかったものとそんなに使わないもの

5 min 480 views

安くて外のロケでも使える大光量のバッテリーフラッシュとして人気なのがGodox AD200です。
もうすぐGodox AD200Proも発売になります。
Amazonのタイムセール祭りやプライムデーでAD200が安くなった時に購入したい!!という人も多いのでアクセサリーも含め「買ってよかったーよく使うわー」というものと「買わんでもよかったかな」「使ってないけどきっと買ってよかったと思う日が来るだろう」というのを紹介します。
個人的な感想なので撮るジャンルによっては必要なもの、不必要なものは変わってくると思うので「ふーん」くらいで見ていただければと思います。

買ってよかったーよく使うわー

買ったけど使っていない、あまり使わないから買わんでもよかったかな

使ってないけどきっと買ってよかったと思う日が来るだろうというアクセサリ

様々なディフューザーを使った光の質を検証

様々なディフューザーを使った光の感じはこちらをご参照ください。

Godox AD200とアクセサリーの買ってよかったものとそんなに使わないもの

まずは本体のGodox AD200。
AD200のなにがいいっていうととにかく安い!
Amazonで通常35000円くらいですがAmazonのプライムセールの時には30,000円前後で買えるのでプライムセールが近い時期でしたら少し待つのもありです。
SUNSTARのモノブロックだと300Wで10万円くらいだからAD200を3台買ってもモノブロック1台より安い!
そして電源がリチウム電池で本体がコンパクトなのでどこでも持ち運べて使える!
コンパクトでモノブロックの代わりに持ち運べるしバッテリーなので電源がない場所でも使えて便利なので「買ってよかったーよく使うわー」です。
気に入ると結局2、3台買うと思うのでそのつもりでいたほうがいいかもしれないです。

Godox AD200はGodox Wireless X システム対応のフラッシュトリガー(発信機)がないと使用できないのでトリガーが必要です。
フラッシュトリガーは、X1T(amazonで5,000円くらい)、X2T(amazonで6,500円くらい)、Xpro(amazonで7,500円くらい)などがあります。
V860IIなどのフラッシュにもトリガーとして利用する機能があります。

Godox X2T-Sも発売になったのでこちらも使っていこうと思っています。

SONY純正のフラッシュや持っている他のメーカーのストロボとつなげて使うかなと思って受信機のX1R-Sもなんだかわからないうちにたくさん注文してしまいましたがこちらはあんまり使わずでした。
他のストロボも一緒に使うときはスレーブで使っています。

AD200とXProの組み合わせの使用方法

AD200とXProの使用方法、設定は簡単です。

  1. AD200のほうでch1とかのチャンネルとAとかBとかっていうグループを設定します。
  2. XProで無線のチャンネルを設定します。
  3. XProでAD200を設定したグループのボタンを押してTTLとかマニュアルのモードを選び光量を設定します。
    これだけです。

撮影の際はXProはカメラのフラッシュつけるとこにつけてください。
SONYα7本体でワイヤレスオンとかにしないでもつけるだけでOKです。
あとは光量とかはXProで操作します。
シャッター速度1/250以上のハイスピードシンクロの時はXProのSyncボタンを押すとなんかマークが出てハイスピードシンクロ対応になります。

「液晶が壊れた」という方も多く、たまにヤフオクとかで液晶が壊れたAD200が出ていますがXTR-16というレシーバーを使えば液晶が壊れていてもチャンネルやグループの設定が出来ます。
1,800円くらいなので不安な方は液晶が壊れ時の保険にXTR-16を買っておくと安心です。
きっと「使ってないけどきっと買ってよかったと思う日が来るだろう」というアクセサリです。

AD200が故障した場合には修理は中国に出します。
時間はかかりますが保証で対応してくれたという方が多いです。
たぶん壊れたらもう1台買って修理で戻ってきたときにもう1台増えているという感じになる気がします。

さらに光量を増やしたかったらAD-B2というAD200を2台つけれるブラケットがあります。

写真では1台しかつけていませんAD-B2にAD200をつけるとこんな感じ。
AD-B2
AD-B2は、Bowensマウントのデュフューザー、アクセサリをつけるときに使用します。
→デュフューザーを付けた場合の光の質

ただAD200はフル発光を繰り返しているとオーバーヒートしてチャージ時間が遅くなります。

twitterでオーバーヒートする発光回数を検証されている方がいたので参照してみて下さい。

大光量で電源のない場所で使用することが多い方は予算がアップしますがAD400ProとかAD600Proという選択もあります。

電源がある場所で使用するとこが多くて大光量のストロボが欲しい場合はMS300という選択もあります。なんと12,500円!(2019年8月1日)旧バージョンのSK300IIの方がチャージが速いという声もあります。

Godox AD-S17は裸電球のチューブヘッドにして直接つけれるアクセサリ。

AD-S17は、大きなディフューザーや傘が使えない狭い場所などで役に立ちます。最初は便利だなぁと思ってよく使っていたのですがだんだん使用頻度は減ってきました。
天井にバウンスさせるときに使う人も多いそうです。

Godox AD-S17 直1/16
Godox AD-S17直
Godoxきのこバウンス
Godox AD-S17天井バウンス

Godox AD-S17直
Godox AD-S17天井バウンス

AD-S17+裸電球の組み合わせだとモデリングランプがなく暗い室内で撮影する場合にはAFが合いにくくて撮影のテンポが悪くなる時があるのでモデリングランプありだと思って購入される場合はご注意ください。
モデリングランプを使うにはAD200をフラッシュヘッドにして利用します。あとAD-B2をつけてもモデリングランプが使えます。

同じように裸電球のチューブヘッドにしてつける直接つけるアクセサリでGODOX AD-S3というビューティーディッシュがあります。
持ち運びにはちょっとかさばりますがグリッドもディフューザーついていて直接つけれるアクセサリはこれのほうが出番が多いです。
「買ってよかったーよく使うわー」です。

グリッド
GODOX AD-S3(グリッド)で撮影

僕は持っていませんがアンブレラタイプのビューティーディッシュAD-S7というのもあります。
折りたためるので持ち運びには便利そうです。

追加のヘッドでラウンドフラッシュH200Rという追加の丸いヘッドもあります。
あんまり僕は使いませんがたまに使うので一応持ち歩いています。
「あまり使わないから買わんでもよかったかな」です。
でも一応ほしいよねー。
僕が一番使うのは裸電球のチューブヘッドです。
裸電球用のフラッシュランププロテクターカバーも売っていますが裸電球が丈夫なので使うことはあんまりありません。

ラウンドフラッシュH200Rのアクセサリは磁石でくっつくので気持ちいいのですがあんまり使わな~、せっかくなので使ったほうがいいのかな。
これも「あまり使わないから買わんでもよかったかな」です。
でもV1で使うかなとも思っています。

AD200とヘッド交換した時やアクセサリ付けたときの光質はこちらの動画でPhotoShooters-TV-永田謙一郎さんが検証しているのでご参照ください。

スタンドにAD200を付けると時によく使うのはEC200というフラッシュヘッド部分と本体をこんな感じに切り離して使える2Mのケーブル。
これは、「買ってよかったーよく使うわー」です。

EC200

EC200を使って裸電球のヘッドを付けたときに発光しない症状が出ましたがAD200本体側で光量を小さくしたり大きくしたりしてテスト発光すると発光するようになりました。

本体を収納AD200専用ポーチに入れておくとマジックテープでスタンドに付けれるのでAD200+EC200+ポーチをセットで使うことが多いです。

こんな感じでマジックテープでスタンドに付けれます。
EC200

これも「買ってよかったーよく使うわー」です。

Godox EC200は、Qタイプ多機能クリップと関節式マジックアームマウントアダプターとセットのものもありますがこのAD200専用ポーチを使っているので使うことはなかったなぁ。

付属のティルトブラケットとヘッドを素早く装着できるようにHAKUBA クイックシュー2 S HQS2-Sを使っています。

シューアダプターをAD200に付けてクイックシュー本体をティルトブラケットに付けておきスタンドにセットしておけばワンタッチでフラッシュをスタンドにセット出来ます。
こんな感じです。
「買ってよかったーよく使うわー」です。

HAKUBA クイックシュー2 S HQS2-S

予備のバッテリーも購入しましたが今のところバッテリー切れになったことはないので「使ってないけどきっと買ってよかったと思う日が来るだろう」かな。

また追加ややっぱり使うようになったとかあったら更新します。

買ってよかったーよく使うわー

買ったけど使っていない、あまり使わないから買わんでもよかったかな

使ってないけどきっと買ってよかったと思う日が来るだろうというアクセサリ

様々なディフューザーを使った光の質を検証

様々なディフューザーを使った光の感じはこちらをご参照ください。

パーティーカメラマン坂野

パーティーカメラマン坂野

パーティーカメラマン坂野は、名古屋中心に活動をしているカメラマン。
名古屋のパーティーやイベントの撮影依頼が多くパーティーカメラマンと呼ばれています。

カテゴリー:
タグ:
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です