ウェディング2次会撮影プラン

Godox AD200とアクセサリの買ってよかったものとそんなに使わないもの

Godox AD200

安くて外のロケでも使える大光量のバッテリーフラッシュとして人気なのがGodox AD200です。
もうすぐGodox AD200Proも発売になります。
Amazonのタイムセール祭りやプライムデーでAD200が安くなった時に購入したい!!という人も多いのでアクセサリも含め「買ってよかったーよく使うわー」というものと「買わんでもよかったかな」、「使ってないけどきっと買ってよかったと思う日が来るだろう」というのを紹介します。
個人的な感想なので撮るジャンルによっては必要なもの、不必要なものは変わってくると思うので「ふーん」くらいで見ていただければと思います。

買ってよかったーよく使うわー

買ったけど使っていない、あまり使わないから買わんでもよかったかな

使ってないけどきっと買ってよかったと思う日が来るだろうというアクセサリ

まずは本体のGodox AD200。
Amazonで通常35000円くらいAmazonのセールの時で30,000円前後で買えると思います。
「買ってよかったーよく使うわー」です。
気に入ると結局2、3台買うと思うのでそのつもりでいたほうがいいかもしれないです。

Godox AD200は無線内蔵なので受信機はいらなくてGodox 2.4G ワイヤレスXシステムのワイヤレストリガーX Proを使って使用します。
これも「買ってよかったーよく使うわー」です。

SONY純正のフラッシュでも使うかなと思って受信機のX1R-Sも持ってるフラッシュ分購入しましたがこちらは使わずでした。

AD200とXProの使用方法は簡単です。

1.AD200のほうでch1とかチャンネルとAとかBとかってグループを設定します。
2.XProで無線のチャンネルを設定します。
3.XProでAD200を設定したグループのボタンを押してTTLとかマニュアルとかで光量を設定します。
これだけです。
撮影の際はXProはカメラのフラッシュつけるとこにつけてください。
SONYα7本体でワイヤレスオンとかにしないでもつけるだけでOKです。
あとは光量とかはXProで操作します。
シャッター速度1/250以上のハイスピードシンクロの時はXProのSyncボタンを押すとなんかマークが出てハイスピードシンクロ対応になります。

「液晶が壊れた」という方も多くたまにヤフオクとかで液晶が壊れたAD200が出ていますがXTR-16というレシーバーを使えば液晶が壊れていてもチャンネルやグループの設定が出来ます。
1,800円くらいなので不安な方は液晶が壊れ時の保険にXTR-16を買っておくと安心です。
きっと「使ってないけどきっと買ってよかったと思う日が来るだろう」というアクセサリです。

さらに光量を増やしたかったらAD-B2というAD200を2台つけれるブラケットがあります。
いつも400wの光量が欲しいならAD400Proという選択もあります。

写真では1台しかつけていませんAD-B2にAD200をつけるとこんな感じ。
AD-B2
AD-B2は、「あまり使わないから買わんでもよかったかな」「使ってないけどきっと買ってよかったと思う日が来るだろう」の間です。

あとはお好みで傘をつけたりシェードをつけたりソフトボックスをつけたりして光の質をお好みにします。

Godox AD-S17は裸電球のチューブヘッドにしてつけるのでモデリングランプがなく暗い室内で撮影する場合にはAFが合わなくて撮影のテンポが悪くなる時があるのでモデリングランプありだと思って購入される場合はご注意ください。
フラッシュヘッドにした時にモデリングランプがあります。あとAD-B2をつけてもモデリングランプが使えます。
AD-S17は、大きなディフューザーや傘が使えない場合にいいのでAD200と一緒に持ち歩いています。
「買ってよかったーよく使うわー」です。

追加のヘッドでラウンドフラッシュH200Rという追加の丸いヘッドもあります。
あんまり僕は使いませんがたまに使うので一応持ち歩いています。
「あまり使わないから買わんでもよかったかな」です。
でも一応ほしいよねー。
僕が一番使うのは裸電球のチューブヘッドです。

ラウンドフラッシュH200Rのアクセサリは磁石でくっつくので気持ちいいのですがあんまり使わな~、せっかくなので使ったほうがいいのかな。
これも「あまり使わないから買わんでもよかったかな」です。
でもV1で使うかなとも思っています。
光質はこちらの動画をご参照ください。

僕がよく使うのはEC200というフラッシュヘッド部分と本体をこんな感じに切り離して使える2Mのケーブル。
これは、「買ってよかったーよく使うわー」です。

EC200

EC200を使って裸電球のヘッドを付けたときに発光しない症状が出ましたがAD200本体側で光量を小さくしたり大きくしたりしてテスト発光すると発光するようになりました。

本体を収納AD200専用ポーチに入れておくとマジックテープでスタンドに付けれるのでAD200+EC200+ポーチをセットで使うことが多いです。

こんな感じでマジックテープでスタンドに付けれます。
EC200

これも「買ってよかったーよく使うわー」です。

付属のティルトブラケットとヘッドを素早く装着できるようにHAKUBA クイックシュー2 S HQS2-Sを使っています。

シューアダプターをAD200に付けてクイックシュー本体をティルトブラケットに付けておきスタンドにセットしておけばワンタッチでフラッシュをスタンドにセット出来ます。
こんな感じです。
「買ってよかったーよく使うわー」です。

HAKUBA クイックシュー2 S HQS2-S

予備のバッテリーも購入しましたが今のところバッテリー切れになったことはないので「使ってないけどきっと買ってよかったと思う日が来るだろう」かな。

買ってよかったーよく使うわー

買ったけど使っていない、あまり使わないから買わんでもよかったかな

使ってないけどきっと買ってよかったと思う日が来るだろうというアクセサリ

また今度はAD200を使った写真とかもアップしていきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です