夢を叶えるカメラレッスン

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

2017年名古屋市中区の外国人住民は10%を越えました。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000080856.html
中国、韓国についで多いのがフィリピン人。
中でも1千人以上のフィリピン人が暮らす名古屋市中区はフィリピン人の方の多いエリアです。

中国人からの撮影依頼というのは僕のところには少ないのですがフィリピン人からのバースデーパーティーの依頼はほぼ毎週くらいいただきます。

そこでフィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント2017年度版を紹介します。

依頼は深夜にやってくる

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

「クヤ(Kuya、あなた)〇月〇日誕生日 撮影大丈夫?」「shyashin OK?」などフィリピンの方からの依頼方法は電話、LINE、facebook、facebookの電話、ショートメールなど様々な方法で深夜、早朝問わずご依頼をいただきます。
電話に出れないと何度も着信がある場合もあります。

メールはひらがなやローマ字

日本語は話せても日本語や英語の文章はフィリピンの方も多いです。
ローマ字やひらがな、英語、タガログ語など相手の語学レベルにあわせたメールのが必要です。
僕はメールはひらがなやローマ字、タガログ語で対応しています。

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

撮影日の確認

ご依頼をいただいたら撮影日、時間、料金、納品方法、支払い方法などをきちんと確認しましょう。
また前日には事前確認のメールや電話も必ず入れましょう。
お店に行ったら「もうやめたよ」ということもたまにあります。

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

お支払いは誕生日の子

フィリピンパブのお誕生日パーティーというとお店からのご依頼かと思われるかもしれませんがほとんどは誕生日のフィリピン人本人からのご依頼です。
お支払いも本人です。
お誕生日パーティーが終わってからフィリピンに帰国する子もいるので本人が泥酔していても必ず当日清算をいただくようにするといいとも思います。
納品もお店は関係ないのでお店に預けずに直接本人に手渡しします。まれに紛失したりしてしまうことがあります。

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

撮影の服装

僕は撮影の時には服装は黒いパンツ、シャツ、ネクタイ、ベストまたはスーツなどお店の従業員の方のような格好で撮影に行っています。
お客様からはお店店員に見えるので「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などの挨拶もお店の人と同じように声をはっていっています。
女の子には「マガンダン ガビ(こんばんは) Happy Birthday!」とタガログ語も入れて挨拶をすれば初対面でも少し距離感を縮められます。

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

お客様と女の子のとの撮影のポイント

お客様には必ず「撮影させていただいていいですか?」と許可を撮ってから撮影します。
写真に写りたくない諸事情があるお客様もいるので勝手に撮影をしないように気をつけなければいけません。
また席についてすぐに写真を撮らせていただきたいところですがお誕生日の子とお客様との間でドリンク注文の交渉が終わってからでなければ撮りにいかないようにしています。
交渉時は女の子もお客さんも安心して写真に写れません。
交渉が無事終了してシャンパンがテーブルに届けられるときに「乾杯で一枚いかがですか」と確認してシャンパンがつがれたら記念写真を撮るのがいいタイミングだと思っています。

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

バースデータイム撮影のポイント

0時前後になるとバースデーソングが流れて準備してあったケーキにキャンドルがともされバースデータイムがスタートします。
この時にソロをあまり撮っていなかったらどんどん声をかけて撮影をします。

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

ロウソクを吹き消したらシャンパンタワーがはじまります。
狭くてもシャンパンタワーに引っかかったりなどしないように気をつけましょう。
今年に入って2回お客様がシャンパンタワーを倒してしまった現場にあいました。

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

シャンパンタワーからの流れがフィリピンパブバースデーパーティー最大の盛り上がる時間です。
とにかく遠慮しないでどんどん写真を撮りましょう。
「女の子みんなが揃ったら集合写真を。。。」などど思っているとあっという間に集まって解散してしまうので「カメラマン全然写真撮ってない」と怒られてしまいます。
とにかくベストポジションを確保してバースデーガールや集まってきたみんなを撮影しながら「ババエ(女) みんな ピクチャー!!ピクチャー!!」など声をかけてお誕生日の子の周りにみんなを集めて集合写真を撮ります。

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

みんなを集めながらも誕生日の子やその周りの子のスナップもどんどん撮らなきゃいけないので「三脚を用意してカメラの設定を。。。」など悠長なことは言ってられません。
今まで写真撮ってと言ってこなかった子も急に「クヤこっちも撮って!」「ワンモアー」とあっちこっちから声がかかるのでとにかくどんどん撮ります。
集合写真を何枚か撮影すると「ワキ ワキ」などと女の子がいう場合があります。
これは日本でいう変顔のことなのでワキという言葉も覚えておくといいかもしれません。

誕生日以外の子の撮影のポイント

余裕があれば誕生日以外の子やほかの席も撮りますがちゃんとその子に写真がいくとは限りません。
支払をしているのはお誕生日の子なのでこちらからはほかの子に直接写真を渡すことが出来ないからです。
「クヤわたしにちょくせつちょうだいね」と言われてもお誕生日の子からもらってねと説明をします。
またお誕生日の子からのサインを見逃してほかの子を撮っていると
「なんで他の子ばっか撮ってる 頼んだの私だよ」
と怒られることもあるのでバースデーガールは常に優先して撮りに行けるように注意しなければいけません。
マガンダ(美しい、きれい)は覚えておくといいタガログ語です。
「マガンダ マガンダ」とかグループだったら「マガンダ ガールズ」など盛り上げて撮影をすると喜んでどんどんポーズしてくれます。

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

お誕生日パーティーでのカメラマンの飲食

お誕生日パーティーにはフィリピン料理などのブッフェが用意されていることが多いです。
フィリピン方はやさしいので「クヤたべた?」と気を使ってくれるのでご厚意に甘えてキッチンなどの目立たないところでいただきます。
豚の丸焼き「レチョン」や孵化直前のアヒルの卵「バロット」など普段食べなれないフィリピン料理が食べれることもあります。
ビーフンみたいな「パンシット」はお祝いの時には欠かせない料理なので撮影しておきます。
飲み物はお店のソフトドリンクなどをセルフサービスで飲んでいいところが多いです。

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

納品のポイント

PCを持っていない子も多いのでモバイルからも見れるウェブアルバムやプリントした写真などで納品をしています。
なかには「プレステでみれるように」と言われる場合もあるのでこちらの都合だけでなく柔軟に対応します。
撮影した翌日には「クヤ写真まだかな」とメールや電話があるのですぐに納品できない場合はいつごろできるかきちんと伝えましょう。

2017年度版 フィリピンパブバースデーパーティー撮影の10のポイント

以上がフィリピンパブのお誕生日パーティー撮影の10のポイントです。
これを理解しておけばはじめてフィリピン撮影にも安心してのぞめますよ。
Salamat(サラマット ありがとう)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です