夢を叶えるカメラレッスン

料理撮影のテクニック

料理撮影のテクニック

この2枚の写真の違い分かりますか?

飲食店の方や料理好きの方はよくお料理の写真を撮影すると思います。
お料理の撮影の照明は斜め後ろから当てることが定番です。
雑誌などのお店紹介のお料理の写真の影を見てみて下さい。ほとんど全部斜め後ろから光を当ててているのがわかります。
『料理の写真は半逆光、または半逆光の照明で撮る』のが定番だからです。
そこまでは撮影テクニックの本などに必ず載っているので料理写真を上手に撮りたいと思っている人ならプロじゃなくても知っている人も多いと思います。
しかし逆光や半逆光の照明にするとお料理や正面やお皿の正面が少し暗くなってしまうこといがありますよね。
そこでプロのカメラマンは正面からレフ板などをあてて影になって暗い部分を明るくするということをします。
でも飲食店のスタッフや料理好きでちょっといい感じに料理を撮影したいという方でレフ板まで準備して撮影するという方は多くないと思います。
そんな時はコピー用紙やちょっとした白い厚紙や立てかけてあるメニュー表などを撮る料理の前に当ててあげるだけで暗かった部分が明るくなってちょっといい感じになるのでやってみてください。
僕が撮影中にお店の方が撮影した写メがあったのでご覧ください。

こんな感じに立ててあるメニューやコピー用紙を使うだけでもレフ板の代用になります。
三脚があれば片手で紙を持って撮影してもいいです。
もう一度最初の写真を見てみて下さい。

どうですか?違いがわかりましたか?
上の写真は斜め後ろから照明を当てて撮影したもの。
下の写真は照明に加え手前の料理に向けて片手で白い紙を持って撮影したものです。
手前の料理が少し明るいのがわかりますか?
一度白い紙を料理に当てたり折り曲げて手前に置いてみて撮影してみてください。
いつもよりちょっといい感じの写真が撮れると思いますよ。

こんな感じの目的別撮影のワンポイントレッスンやカメラの使い方のプライベートレッスンもやっています。
もっといい写真を撮りたい方はお気軽にお問い合わせ下さいWハート
カメラレッスン
http://www.partycameraman.com/lesson

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です